「準定期船」コンテナ船サービス

外航コンテナフィーダーおよび国内コンテナ輸送を 日本全国の港に行っています。

海上輸送イメージ
 享和元年(1801年)、清水の地で、播磨屋与平による廻船問屋(特許問屋)の営業開始が現在の鈴与海運株式会社の歴史的な第一歩でした。以来200年、豊富な経験と充実したサービスにより各種貨物の海上輸送に迅速な対応をいたしております。お客様にはコストダウンと、安全、確実、迅速な輸送とご評価いただく中、陸上輸送に代わる輸送手段として近年注目されています。
 鈴与海運株式会社の歴史は、常にイノベーション(革新)の歴史であります。私たちは、エネルギー資源の有効利用と共に、静脈物流(産業廃棄物の収集・運搬)のサービスもおこなっています。いつもお客様のために、コストダウンと高品質なサービスを目指して、安全、確実、迅速な輸送体制を実現します。

沿革

享和 元年 初代鈴木与平、回漕業・播磨屋(鈴与株式会社の前身)をはじめる 江戸時代の船
詳細を表示
文久 3年 初めて製茶を横浜に送る
明治 9年 郵便汽船三菱社(日本郵船の前身)の積荷扱店となる
明治 32年 清水港開港場に指定される
明治 39年 船舶代理業をはじめ、日本郵船の代理店となる 明治の清水港
詳細を表示
明治 40年 横浜税関貨物取扱人の免許をうける
昭和 17年 鈴与(株)の回漕部門が戦時統制により清水港湾運送(株)に吸収される
昭和 18年 清水港湾運送(株)、清水港運送(株)に改名
昭和 24年 清水港運送(株)解体、鈴与(株)が港湾運送業務を継承
昭和 45年 コンテナ積載可能最新鋭船「清浦丸」が三保造船所から進水
昭和 50年 東京~小樽間にフルコンテナ船「清崎丸」が就航する
平成 12年 鈴与(株)内航船部が分社・独立し鈴与海運(株)設立
 平成 26年  新設分割の鈴与海運㈱が事業継承

会社概要

社名 鈴与海運株式会社
設立 平成12年 4月
資本金 1千万円
役員
代表取締役社長
新間 克樹
常務取締役
鈴木 英二郎
取締役
神戸 勉
取締役
西尾 忠久
監査役
山梨 宰司
事業内容 内航海運業・貨物運送取扱事業・船舶代理店業・産業廃棄物収集運搬業
本社
  • 〒424-0941 静岡県静岡市清水区富士見町8番15号木材ビル別館4階
  • TEL:054-354-3100
  • FAX:054-354-3102
  • E-mail:suzuyokaiun@suzuyomarine.co.jp

アクセス:

JR清水駅より静鉄バス三保山手線「万世町」下車→バス停「万世町」から徒歩1分 アクセスマップを表示
営業所

東京営業所:

  • 〒105-0011 東京都港区芝公園1-2-12 鈴与東京ビル5F
  • TEL:03-3432-7159
  • FAX:03-3432-0896

アクセス:

JR浜松町駅より徒歩10分 
都営浅草線大門駅より徒歩5分 
都営三田線御成門駅より徒歩3分 アクセスマップを表示

神戸営業所:

  • 〒658-0031 兵庫県神戸市東灘区向洋町東4-16
  • TEL:078-845-2027
  • FAX:078-845-2028

アクセス:

JR住吉駅~神戸新交通六甲ライナーマリンパーク駅下車 徒歩5分アクセスマップを表示